コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開明 カイメイ

デジタル大辞泉の解説

かい‐めい【開明】

[名](スル)人間の知識が進み、文化が発展すること。また、文化が進んだ状態にあること。開化。
「―の今の欧洲の眼を以って見れば」〈福沢学問のすゝめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かいめい【開明】

愛媛の日本酒。酒名は、地元に現存する西日本最古の小学校「明学校」にちなみ命名。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒本醸造酒、普通酒をそろえる。原料米は自社田栽培の山田錦など。仕込み水は雨山の湧水。蔵元の「元見屋酒店」は寛政年間(1789~1801)創業。所在地は西予市宇和町卯之町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

かいめい【開明】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
知識がひらけ、物事が進歩する・こと(さま)。文明開化。
聡明で進歩的な・こと(さま)。 「 -な君主」 「人智-なる者は教ふるに道理を以て/明六雑誌 14

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の開明の言及

【開眼供養】より

…新しく造った画像や彫像の如来・菩薩・天部・明王・祖師像などを賛嘆供養し,神威を迎えることをいう。略して開眼,または開明,開光明といい,遷仏ともいう。この開眼に事・理二相を説くのは《和語灯録》第5で,〈開眼と申すは,本体の仏師がまなこをいれ,ひらきまいらせ候を申候也。…

※「開明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

開明の関連キーワードアブド・アッラージク・アリーグレゴリオス[アルメニアの]アブド・アッラージク・アリー愛媛県西予市宇和町卯之町アッサイイド ルトフイカラジョルジェビッチ家インドクトリネーション中浜(ジョン)万次郎フリードリヒ[2世]カール・アウグストアーミン カーシムマクシミリアン川那辺 貞太郎エレン ケイ川那辺貞太郎ベルキッチン啓蒙専制君主豊見城盛綱オッペケペ神風連の乱

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開明の関連情報