コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

驚かす オドロカス

デジタル大辞泉の解説

おどろか・す【驚かす】

[動サ五(四)]《意識しない物事に、はっと気づかせる意が原義》
びっくりさせる。「世間を―・すニュース」
気づかせる。注意を呼び起こす。
「なかなか物思ひの―・さるる心地し給ふに」〈・葵〉
目を覚まさせる。起こす。
「添ひ臥して、ややと―・し給へど」〈・夕顔〉
思いがけないときに便りをする。訪れる。
「我とは(=自分自身デハ)―・したてまつるべきやうもなく」〈狭衣・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おどろかす【驚かす】

( 動五[四] )
驚くようにする。強い衝撃を与えて、心を動揺させる。 「世間を-・した事件」 「耳目じもくを-・す」
注意する。気がつくようにする。 「明け果てぬさきにと、人々しはぶき-・し聞ゆ(=咳ヲシテオ知ラセ申シアゲル)/源氏 浮舟
目をさまさせる。おこす。 「寝たる人を心なく-・すものか/紫式部日記」
(忘れたころに)たよりをする。また、訪れる。 「萩の葉もさりぬべき風のたよりあるときは、-・し給ふ折もあるべし/源氏 末摘花
[可能] おどろかせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

驚かすの関連キーワードビジュアルスキャンダルE. リンデグレン草を打って蛇に驚く長夜の夢を覚ますおどろおどろしい三年飛ばず鳴かず鬼面人を威す耳目を驚かす生き肝を抜くけたたましい抉り・刳り青天の霹靂尻毛を抜く笑いを取る荒肝を抜く声色を遣う踏み起こす震天動地しで打つ砂かけ婆

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

驚かすの関連情報