コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高倉下 たかくらじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高倉下 たかくらじ

記・紀神話にみえる豪族
神武天皇東征のさい,天皇の軍が熊野悪神のためねむらされたとき,高倉下がにあらわれた武甕槌神(たけみかづちのかみ)の教えにしたがって剣を天皇に献上したところ,天皇の一行は,すぐにめざめたとつたえられる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高倉下

神武天皇東征中の最大の危機を救った熊野の土豪。『古事記』『日本書紀』に登場する。それによれば,神武天皇は,紀伊に迂回して大和を目指すが,途中,熊野の村で大きな熊の毒気によって兵士たちともども気絶してしまう。このとき高倉下が天皇に大刀を献上し,目を覚ました天皇はその大で荒ぶる神の邪気を払った。高倉下がいうには,「夢に,武甕雷神が天照大神の命を受けて,下界の平定を手助けするために大刀を下すというお告げがあり,翌朝,倉を見ると夢の通りに大刀があった」という。高倉下というのはこれによるが,クラジは倉主の意ともいわれる。その大刀は石上神宮(天理市)に収められた。

(西條勉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかくらじ【高倉下】

記紀の神武天皇条にあらわれる人物。神武天皇東征の際,熊野において化熊が出現し,天皇の軍を惑乱させてしまう。時に土豪,高倉下が一口(ひとふり)の横刀(たち)を神武に献ずると,天皇は覚醒しその刀をもって荒ぶる神(化熊)を切り倒したという。刀の由来をたずねたところ,高倉下の夢に天照大神(あまてらすおおかみ)と高木(たかぎ)神があらわれ,葦原中国(あしはらのなかつくに)の混乱を平定するため,建御雷神(武甕槌(たけみかづち)神)の代りとして刀を下すとあり,翌朝その倉を見るとこの刀があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高倉下の関連キーワード弥彦神社(いやひこじんじゃ)韴の霊・布都御魂弥彦神社竈山神社神託

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高倉下の関連情報