コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高圧浣腸 こうあつかんちょうhigh pressure enema

4件 の用語解説(高圧浣腸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高圧浣腸
こうあつかんちょう
high pressure enema

太いネラトンカテーテルを直腸内に深く挿入し,約 1mの高さに保持したイリゲータから 300~1000mlの微温生理食塩水を注入する浣腸の方法。小児の腸重積症の初期治療に重要なもので,これだけで整復できることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうあつかんちょう【高圧浣腸】

多量の浣腸液を高い圧力を加えて肛門から注入する方法。大腸検査の前処置や腸重積症の治療に用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高圧浣腸
こうあつかんちょう

浣腸法の一種で、多量の浣腸液を用いて注入時の腸管内圧を高め、直腸のみならず、さらに高位の大腸からも糞便(ふんべん)の排出を図ろうとする方法をいう。高度な便秘症や腸閉塞(へいそく)の治療、腸管手術の前処置としても行われる。一般には、体温程度に温めた生理的食塩水(0.9%食塩水)500ミリリットルをイリゲーターirrigator(灌注器(かんちゅうき))を用いて数十センチメートルの落差で緩徐に経肛門的に注入する。体位は腹臥位(ふくがい)または左側臥位が効果的である。これは一般家庭で行うことはない。腸管に炎症が強いときや脳圧亢進(こうしん)時、老人、衰弱者、心疾患、妊婦、乳児には慎重を要する。薬液は生理的食塩水のほか、50%以下のグリセリン液、せっけん液を用いることがある。通常、注入後5~10分後に便意を催し、多量の排便がみられるものである。[竹馬 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高圧浣腸の言及

【浣腸】より

…新生児などには,安全性を留意して薬液を用いず,こよりで肛門部を刺激する方法が用いられる。薬用セッケン浣腸は高圧浣腸ともいい,軽症のイレウスなどに際して行われるが,薬液の量も多く,また高い所から注入し,圧力がかかるので,医師の指示のもとで行う必要がある。いずれの場合も,直腸内の粘膜の保護のため,温度,濃度,注入の速度に十分留意し,患者の状態を観察しつつ,緊張や不安を与えないようにして行う必要がある。…

※「高圧浣腸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone