コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山図書 たかやま ずしょ

2件 の用語解説(高山図書の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高山図書 たかやま-ずしょ

?-1596 戦国-織豊時代の武将。
高山右近の父。はじめ松永久秀に属して大和(奈良県)沢城主となり,永禄(えいろく)6年受洗しキリシタンとなる。のち摂津高槻城(大阪府)城主となる。天正(てんしょう)7年織田信長にそむいた荒木村重にしたがったため越前(えちぜん)(福井県)に追放され,その地で布教に従事した。慶長元年死去。名は友照。通称は飛騨守(ひだのかみ)。洗礼名はダリヨ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高山図書

没年:慶長1(1596)
生年:生年不詳
安土桃山時代のキリシタン武将。高山右近の父。霊名ダリヨで,本山寺文書に「大慮」と花押がある。信長に仕えて摂津国(大阪)高槻城主高山飛騨守。ロレンソの説教を聞き永禄6(1563)年受洗。京都地方キリシタン伝道の道を開いた。右近に家督を譲ったのち信仰一途に生き,領民に信仰を説き愛を実践した。右近のキリシタン武将としての信仰と聖徳は父の模範に養われたといわれる所以である。国主荒木村重の挙兵に従ったため,天正7(1579)年信長によって越前(福井県)に追放されたが,のち再び右近と住み最後の2年間は京都にあって同地で没。<参考文献>『イエズス会士日本通信』『イエズス会日本年報』(ともに『新異国叢書』),松田毅一,川崎桃太訳『フロイス/日本史』

(片岡千鶴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高山図書の関連キーワード安土桃山時代キリシタン大名黒田如水高山右近キリシタン灯籠内藤如安小野木シメオンラウレス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone