コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木徳子 タカギトクコ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木徳子 たかぎ-とくこ

1891-1919 大正時代のバレリーナ,女優。
明治24年2月15日生まれ。15歳で結婚してアメリカにわたる。古典バレエ,歌などをならいアメリカ,イギリスを巡演。帰国後の大正4年日本人初のバレリーナとして帝国劇場でデビュー。6年東京浅草の常盤座に出演して歌とダンスで人気をよぶ。これが浅草オペラのはじまりとされる。九州地方巡業中,大正8年3月30日死去。29歳。東京出身。旧姓は永井。本名はとく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たかぎとくこ【高木徳子】

1891~1919) ショー-ダンサー。東京生まれ。旧姓、永井。アメリカで旅芸人として巡業。帰国後、一座を結成、浅草オペラの先駆的存在となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の高木徳子の言及

【バレエ】より

…影響が大きく現れたのは,22年来日したアンナ・パブロワで,このとき初めて日本人はバレエというものに対して目を開かされた。それより前,高木徳子が1906年に渡米し,14年帰国,帝劇の本興行に参加して,ローシー振付演出の《夢幻的バレエ》に出演,初めて〈トー・ダンス〉なるものをみせた。しかしやはり強い影響を与えなかったようである。…

※「高木徳子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

高木徳子の関連キーワードミュージカルバラエティ紅沢 葉子ダンサー大正時代伊庭孝旅芸人ショー高木一座結成

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高木徳子の関連情報