コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊庭孝 いばたかし

5件 の用語解説(伊庭孝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊庭孝
いばたかし

[生]1887.12.1. 東京
[没]1937.2.25. 東京
音楽評論家,歌劇演出および脚本家。同志社大学中退後上京,1912年近代劇協会の創立に参加,17年高木徳子高田雅夫らと歌舞劇協会を組織して浅草オペラの確立に尽力。のちに関西で新星歌劇団を主宰,音楽雑誌『白眉』を編集するなど歌劇の普及に尽力。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いば‐たかし【伊庭孝】

[1887~1937]劇作家・演出家・音楽評論家。東京の生まれ。上山草人と近代劇協会を創立。後に、舞踏家・高木徳子浅草オペラを興す。評論活動も行い、オペラの普及に貢献した。著作に「日本音楽概論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊庭孝 いば-たかし

1887-1937 大正-昭和時代前期の音楽評論家,演出家。
明治20年12月1日生まれ。伊庭想太郎の養子。大正元年上山草人らと近代劇協会をおこす。5年舞踊家高木徳子と浅草オペラをはじめ,ついでラジオ放送での音楽評論や演出,翻訳に活躍した。昭和12年2月25日死去。51歳。東京出身。同志社大中退。著作に「日本音楽概論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

いばたかし【伊庭孝】

1887~1937) 劇作家・演出家・音楽評論家。近代劇協会を創設、浅草オペラを興すなどオペラ普及に尽力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊庭孝
いばたかし
(1887―1937)

音楽評論家、演出家。東京生まれ。同志社大学神学部中退。初めは劇作家としてたち、1912年(大正1)近代劇協会をおこした。16年歌舞劇協会を結成。翌年2月、浅草常盤(ときわ)座で自作の『女軍出征』を上演して、関東大震災まで人気を集めたいわゆる浅草オペラの口火を切り、日本のオペラ界の発展に貢献した。関東大震災(1923)以後は評論、著述活動に中心を置き、多くの著書、訳書などを残した。そのオペラへの業績を記念して「伊庭歌劇賞」(10回、1948~57)が設けられた。[寺崎裕則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊庭孝の言及

【近代劇協会】より

…新劇団。文芸協会を退会した上山草人(かみやまそうじん)・山川浦路(うらじ)夫妻が,伊庭孝(いばたかし)(1887‐1937),柴田勝衛,杉村敏夫らの俳優,演出家とともに,1912年5月に結成,坪内逍遥と森鷗外が顧問となった。同年10月有楽座でイプセン《ヘッダ・ガブラー》を旗揚げにとりあげ,主演女優山川浦路のヘッダが好評を博した。…

※「伊庭孝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊庭孝の関連キーワード天田貞吉稲毛金七岩下保太郎榎昌大石源治兼田秀雄斎藤二朗坂井大輔千宗左(12代)西健

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone