コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊庭孝 いばたかし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊庭孝
いばたかし

[生]1887.12.1. 東京
[没]1937.2.25. 東京
音楽評論家,歌劇演出および脚本家。同志社大学中退後上京,1912年近代劇協会の創立に参加,17年高木徳子高田雅夫らと歌舞劇協会を組織して浅草オペラの確立に尽力。のちに関西で新星歌劇団を主宰,音楽雑誌『白眉』を編集するなど歌劇の普及に尽力。ほかに日本の古典音楽の研究も行う。主著『日本音楽概論』。編集レコード『日本音楽史音盤集』など。なお,その功績を記念して 48年伊庭歌劇賞が設けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊庭孝 いば-たかし

1887-1937 大正-昭和時代前期の音楽評論家,演出家。
明治20年12月1日生まれ。伊庭想太郎の養子。大正元年上山草人らと近代劇協会をおこす。5年舞踊家高木徳子と浅草オペラをはじめ,ついでラジオ放送での音楽評論や演出,翻訳に活躍した。昭和12年2月25日死去。51歳。東京出身。同志社大中退。著作に「日本音楽概論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いばたかし【伊庭孝】

1887~1937) 劇作家・演出家・音楽評論家。近代劇協会を創設、浅草オペラを興すなどオペラ普及に尽力。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊庭孝
いばたかし
(1887―1937)

音楽評論家、演出家。東京生まれ。同志社大学神学部中退。初めは劇作家としてたち、1912年(大正1)近代劇協会をおこした。16年歌舞劇協会を結成。翌年2月、浅草常盤(ときわ)座で自作の『女軍出征』を上演して、関東大震災まで人気を集めたいわゆる浅草オペラの口火を切り、日本のオペラ界の発展に貢献した。関東大震災(1923)以後は評論、著述活動に中心を置き、多くの著書、訳書などを残した。そのオペラへの業績を記念して「伊庭歌劇賞」(10回、1948~57)が設けられた。[寺崎裕則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の伊庭孝の言及

【近代劇協会】より

…新劇団。文芸協会を退会した上山草人(かみやまそうじん)・山川浦路(うらじ)夫妻が,伊庭孝(いばたかし)(1887‐1937),柴田勝衛,杉村敏夫らの俳優,演出家とともに,1912年5月に結成,坪内逍遥と森鷗外が顧問となった。同年10月有楽座でイプセン《ヘッダ・ガブラー》を旗揚げにとりあげ,主演女優山川浦路のヘッダが好評を博した。…

※「伊庭孝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊庭孝の関連キーワード内山 惣十郎ミュージカル沢田 正二郎木下 八百子小野塚 与澄オペレッタ中川 三郎住田 良三高木 徳子上山 草人岸田 辰弥生活と芸術藤原義江住田良三藤浦 洸石井漠新劇創設

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android