白井晟一(読み)しらいせいいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白井晟一
しらいせいいち

[生]1905.2.5. 京都
[没]1983.11.22. 京都
建築家。京都高等工芸学校卒業。ハイデルベルク大学ベルリン大学で哲学や建築史を学ぶ。 1932年帰国,1935年から建築設計従事ドイツ哲学の観念的世界を造形に生かす独特の表現で「情念建築家」と称される。 1960年に群馬県松井田町役場 (1955) と東京・浅草の善勝寺本堂 (1958) で高村光太郎賞を受賞。おもな作品は佐世保市の親和銀行本店 (1966~74,日本建築学会作品賞,日本芸術院賞受賞) ,ノアビル (1974) ,松濤美術館 (1980) など。文筆家,書道家としても知られ,著書に『縄文的なるもの』 (1956) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

白井晟一【しらいせいいち】

建築家。京都生れ。1928年京都高等工芸学校卒業後渡欧,ハイデルベルク大でK.ヤスパースのゼミに通ったのちベルリン大で学ぶ。1933年帰国。1935年より設計活動を始める。〈原爆堂計画〉(1955年),善照寺本堂(東京,1958年)などをへて親和銀行本店(佐世保市,1967年,1969年,1975年),渋谷区立松濤美術館(1980年)などを発表し,機能主義建築とは一線を画した瞑想的な空間を創出した。書家としても知られた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井晟一 しらい-せいいち

1905-1983 昭和時代の建築家。
明治38年2月5日生まれ。ドイツに留学,ベルリン大などで哲学,建築をまなび,帰国後,建築設計に従事。群馬県松井田町役場,東京浅草善照寺本堂で昭和35年高村光太郎賞,佐世保の親和銀行本店で44年建築学会賞,55年芸術院賞。昭和58年11月22日死去。78歳。京都出身。京都高等工芸(現京都工芸繊維大)卒。著作に『白井晟一の建築』。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しらいせいいち【白井晟一】

1905‐83(明治38‐昭和58)
建築家。京都市に生まれる。京都高等工芸学校卒業後,渡独,ベルリン大学などで哲学を学ぶ。帰国後1935年より建築設計を行う。思索する建築家として,丹下健三をはじめとするその時々の支配的傾向を批判する役割を戦後建築界で果たしてきた。建築素材への関心が深く,作品にも通常の戦後近代建築と異なる神秘性がある。61年,浅草善昭寺本堂などで高村光太郎賞。作品に原爆堂計画,親和銀行本店(佐世保市)などがある。【丸山 茂】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しらいせいいち【白井晟一】

1905~1983) 建築家。京都府生まれ。ベルリン大学で哲学を学ぶが、建築に傾倒。石や煉瓦れんがの重々しさを表現した作品が多い。代表作、親和銀行本店・ノアビルなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白井晟一
しらいせいいち
(1905―1983)

建築家。京都市に生まれる。1928年(昭和3)京都高等工芸学校卒業。在学中、京都大学哲学科に出入りし、戸坂潤らの影響を受ける。卒業後ドイツに留学、ハイデルベルク大学とベルリン大学で建築と哲学を学ぶ。33年帰国。京都から奈良へ日参して日本の古代建築を学ぶ。35年以降建築設計に従事、重厚な独自の造型を目ざす。60年(昭和35)に松井田町役場(1955)、浅草善照寺本堂(1958)で高村光太郎賞を、佐世保(させぼ)市の親和銀行本店(第1期工事1966、1980完成)で69年に建築学会賞、70年に毎日芸術賞などを受賞。80年日本芸術院賞を受賞。建築設計のほか書をよくし、装丁家としても知られた。[天田起雄]
『白井晟一著『白井晟一・建築とその世界』(1978・世界文化社) ▽SD編集部編『現代の建築家 白井晟一』(1976・鹿島出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白井晟一の関連情報