コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高畠五郎 たかばたけ ごろう

1件 の用語解説(高畠五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高畠五郎 たかばたけ-ごろう

1825-1884 江戸後期-明治時代の武士,官吏。
文政8年5月5日生まれ。高畠耕斎の弟。大坂,江戸で漢学をまなび,また蘭学,西洋兵学もおさめる。安政3年幕府の蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授手伝,元治(げんじ)元年開成所教授となった。維新後,兵部省・海軍省で翻訳にあたった。明治17年9月4日死去。60歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。名は道純。号は眉山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の高畠五郎の言及

【蕃書調所】より

…そこでこれに対処するため洋学校の設立を図り,55年(安政2)に古賀増を洋学所頭取に任命し,翌年2月に洋学所を蕃書調所と改称,九段坂下の旗本屋敷を改修して校舎にあて,同年7月に開所,翌57年1月から開講した。教官の陣容は教授職2名で,箕作阮甫(みつくりげんぽ)(津山藩医)と杉田成卿が任命され,教授手伝に川本幸民(三田藩医),高畠五郎(徳島藩医),松木弘安(薩摩藩医)ら6名,ほかに句読教授3名が任命されたが,その後逐次補充増員されて幕末に及んだ。教官ははじめ陪臣が大部分であったから,彼らはいつ主家から呼び戻されるかわからず,そこで幕府は主要な洋学者を直参に登用することにし,62年(文久2)に箕作阮甫と川本幸民を直参に取り立てたのをはじめ次々と直参に登用している。…

※「高畠五郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高畠五郎の関連キーワード渋谷国安桜井純造酔雪鈴木義敬須田伊織関直吉寺井種清寺倉古史服部善七山田潮月

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone