コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高目 タカモク

大辞林 第三版の解説

たかもく【高目】

囲碁で、碁盤の隅の星から一路盤の内側の箇所。また、そこに布石すること。 ↔ 小目こもく

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

高目の関連キーワード量的緩和解除ソニー不動産釣り球・釣球ソロビヨフヘルバルトタウレルス抗日救国会電気毛布宗教教育六派哲学量的緩和販売計画文化主義目的論十字軍会津藩囲碁定石解脱観想

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高目の関連情報