コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高目 タカモク

デジタル大辞泉の解説

たか‐もく【高目】

囲碁で、碁盤の4線と5線の交点

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たかもく【高目】

囲碁で、碁盤の隅の星から一路盤の内側の箇所。また、そこに布石すること。 ↔ 小目こもく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

高目の関連キーワードソニー不動産量的緩和解除釣り球・釣球タウレルスヘルバルト抗日救国会ソロビヨフ六派哲学量的緩和電気毛布販売計画文化主義宗教教育会津藩十字軍目的論小目囲碁檜垣観想

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高目の関連情報