コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼切 おにきり

大辞林 第三版の解説

おにきり【鬼切】

代々源氏嫡流に伝わる名刀。新田義貞が討ち死にの際に佩いていたという。「太平記」によれば、伯耆ほうきの安綱の作で、坂上田村麻呂が伊勢神宮へ奉納し、のち源頼光が入手するが、渡辺綱がこれを借りて妖怪を斬り、また多田満仲が信濃しなの国戸隠山とがくしやまで鬼を斬ったため、鬼切の名がついたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

鬼切

平安時代につくられた日本刀。大原安綱の作とされる太刀。国宝の「童子切(どうじぎり)安綱」と対をなす名刀。北野天満宮所蔵。国の重要文化財に指定。号は、渡辺綱(わたなべのつな)が一条戻橋で女に姿を変えた茨城童子の腕をこの刀で切り落とした、という伝説にちなむ。「鬼切丸」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

鬼切の関連キーワード羅生門(説話)坂上田村麻呂植田慎一郎西山康平長島琢磨多田神社板橋涼太笠原竜司新田義貞安倍頼時伊勢神宮多田満仲長友誠太平記

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鬼切の関連情報