魁皇博之(読み)かいおう ひろゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

魁皇博之 かいおう-ひろゆき

1972- 昭和後期-平成時代の力士。
昭和47年7月24日生まれ。友綱部屋に入門。昭和63年3月初土俵,平成4年1月新十両にのぼり,四股名を古賀から魁皇にあらためる。5年5月新入幕。得意手は左四つ,寄り,上手投げ,小手投げ。怪力でしられる。6年5月新三役小結となる。12年5月14勝1敗で幕内初優勝。12年9月大関に昇進。23年7月場所で歴代1位の幕内在位107場所・大関在位65場所を数えたが,10日目琴欧洲戦を最後に引退。幕内通算879勝・通算1047勝(いずれも歴代1位)。幕内優勝5回,殊勲賞10回,敢闘賞5回,金星6個。引退後,年寄浅香山。福岡県出身。本名は古賀博之。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魁皇博之の関連情報