コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚取沼 ユトリヌマ

2件 の用語解説(魚取沼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆとり‐ぬま【魚取沼】

宮城県中西部にある沼。面積0.2平方キロメートル天然記念物鉄魚の生息地として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魚取沼
ゆとりぬま

宮城県北西部、加美(かみ)郡加美町にある沼。山形県境の翁(おきな)峠(1075メートル)の東方にあり、鳴瀬(なるせ)川の支流内(うち)川の水源部にあたる。面積0.2平方キロメートル。フナの変種テツギョ(鉄魚)の生息地として1933年(昭和8)国の天然記念物に指定され、魚取沼での発見を契機に国内各地や朝鮮半島でも発見されるようになった。沼の周囲はブナなどの原生林である。[境田清隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の魚取沼の言及

【鳴瀬川】より

…近世には中新田(なかにいだ)まで舟運があり,米の輸送が行われたほか,鍋越峠をこえて中羽前街道で大石田(山形県)の最上川舟運と結んでいた。上流に天然記念物のテツギョ(フナの変種)生息地魚取(ゆとり)沼があり,漆沢にはダムが建設されている。【長谷川 典夫】。…

※「魚取沼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

魚取沼の関連キーワード網地島牛久沼小沼友ヶ島内沼潟沼化女沼弘前公園仏沼重慶と成都

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone