コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚津埋没林 うおづまいぼつりん

百科事典マイペディアの解説

魚津埋没林【うおづまいぼつりん】

富山湾に面する富山県魚津市で,漁港整備に際し海底から大量に発見された樹根で,国の特別天然記念物。その数は大小150以上に及び,大きなものでは直径6m,樹齢1000年と推定される大木のものも含まれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の魚津埋没林の言及

【魚津[市]】より

…北陸本線,富山地方鉄道,北陸自動車道が通じる。1930年に魚津港修築時に地表下1.6m(海面下0.6m)から発見された約2000年前の巨大な杉を主とする魚津埋没林(化石林)は特別天然記念物に指定されており,また81年新装なった水族館も屈指の設備を誇る。4~5月ごろ自然条件に恵まれると見られる沖合の蜃気楼は近年出現回数がきわめて減少している。…

【富山[県]】より

…富山湾沿岸では東部から中部にかけて,海岸浸食による陸地の後退が著しい。魚津港沖に見られる海底埋没林(魚津埋没林)は2000年以上前に陸地の沈降によって生じた現象で,特別天然記念物に指定されている。 富山県の気候は日本海側気候に属し,年間降水量が平野部で2500mm前後,南東の飛驒山脈の山岳地帯では4000mmを超える。…

【富山湾】より

…日本海のほぼ中央部,能登半島東側の仏(ほとけ)島と黒部川扇状地の突出部,生地鼻(いくじはな)で限られた海湾。沿岸部は,西部の灘浦と雨晴(あまばらし)の岬付近が岩石海岸であるほかは,平滑な曲線状の砂浜,砂礫海岸であり,夏は海水浴客でにぎわう。富山湾の海底地形は,富山平野を二分する呉羽(くれは)丘陵の延長上にある〈神通(じんづう)海脚〉の大突出によって西海区と東海区に分けられている。〈神通海脚〉以西の西海区では大陸棚が4~6kmと比較的広いが,黒部川扇状地地先の東海区では1~2kmと狭く平均傾斜約7度で水深800~1000mの海床に連続している。…

※「魚津埋没林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

魚津埋没林の関連キーワード富山県魚津市釈迦堂魚津埋没林博物館富山県魚津市魚津(市)魚津[市]富山(県)魚津市海底林

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魚津埋没林の関連情報