コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯉沼九八郎 こいぬま くはちろう

1件 の用語解説(鯉沼九八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鯉沼九八郎 こいぬま-くはちろう

1853*-1924 明治-大正時代の自由民権運動家。
嘉永(かえい)5年12月13日生まれ。栃木自由党にはいり,自由民権演説会などで活躍。明治17年政府転覆をめざして爆弾製造中に負傷,のち逮捕された(加波山(かばさん)事件)。出獄後栃木県会議員となった。大正13年12月29日死去。73歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の鯉沼九八郎の言及

【加波山事件】より

…福島事件に連座した河野広躰,三浦文治ら福島の自由党員は,83年4月釈放されると,福島県令三島通庸(同年10月より栃木県令兼任)の暗殺を計画してその身辺をねらった。一方,栃木県では下都賀郡の自由党員鯉沼九八郎が83年末,政府転覆をめざして爆弾の製造を開始していた。河野らと鯉沼は84年初め,三島暗殺をねらって連携し,2月東京芝の三島邸襲撃を計画したが実現せず,7月には茨城・栃木・群馬各県の自由党員が茨城県の筑波山に集会。…

※「鯉沼九八郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鯉沼九八郎の関連キーワード磯田良榎本武憲岡田磐川崎繁夫庄田耕峰高瀬羽皐永山盛興堀藤十郎真木痴嚢大正時代美術

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone