コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯨餅 くじらもち

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

くじらもち【鯨餅】


山形県最上地方や青森県の鰺ヶ沢(あじがさわ)と浅虫の郷土菓子で、もち米とうるち米の粉をよくこね、砂糖・くるみなどを加えて型に入れて蒸したもの。山形には、しょうゆやみそを入れて甘辛くしたもの、青森には、小豆やあんを入れたものが多い。◇もとは京都で作られていた菓子で、黒と白の二層になっていて、切った面が鯨の皮の断面のように見えたことからこの名があり、これが北前船で伝わったものとされる。最上地方では「くぢら餅」「久持良餅」、浅虫では「久慈良餅」とも書く。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鯨餅の関連情報