コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハス

2件 の用語解説(鰣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はす【×鰣】

コイ科の淡水魚。全長約30センチ。オイカワに似るが、口が「へ」の字形で大きく、小魚や昆虫を捕食。琵琶湖淀川水系、福井県の三方湖木曽川利根川水系などに生息。食用。けたばす。はそ。 夏》
大阪地方で、オイカワの別名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はす【鰣】

コイ目の淡水魚。全長約25センチメートル。体はやや細長く側扁する。口は鉤かぎ状に曲がるが、体形はオイカワに似る。背は淡黒褐色、腹は銀白色。琵琶湖・大和川・淀川水系と福井県三方湖の特産。食用。現在は本州・四国・九州の河川にも分布。ケタ。ケタバス。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone