コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰹鳥 カツオドリ

デジタル大辞泉の解説

かつお‐どり〔かつを‐〕【×鰹鳥】

ペリカン目カツオドリ科の鳥。全長76センチくらい。頭部と背面は黒褐色、腹は白。魚食性で、カツオの群れの上をよく飛ぶ。孤島の断崖(だんがい)・岩壁で繁殖。世界の熱帯海に分布。日本では、九州および伊豆七島以南の海上でみられる。
ペリカン目カツオドリ科の鳥の総称。カツオドリ・アカアシカツオドリなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かつおどり【鰹鳥】

ペリカン目カツオドリ科の海鳥の総称。全長60~85センチメートル。ほとんどが白色。くちばしは大きくて鋭い。太平洋の熱帯・亜熱帯の群島に九種が生息。小魚を追うカツオ群の上に集まることが多く、魚を見つけると海中に突入して捕らえる。ミズナギドリ類をさすこともある。
の一種。全長75センチメートル 内外。背面と頸は暗褐色、腹面は白色。小笠原諸島などで繁殖。オサドリ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone