コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キス

デジタル大辞泉の解説

きす【×鱚】

スズキ目キス科の海水魚。沿岸の砂泥底にすむ。全長約30センチ。体は細長く、前方は筒形、後方は側扁する。背側は淡黄灰色で、腹側は白い。北海道以南に産し、シロギスともよぶ。近縁にはホシギス・アオギスなどがある。 夏》「―の背のうすき網目の涼おぼゆ/林火
[補説]「鱚」は国字

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きす【鱚】

スズキ目キス科キス属の海魚の総称。日本近海には、シロギス・アオギス・ホシギスがいる。食用とする。
シロギスの別名。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鱚 (キス)

動物。スズキ目,スズキ亜目,キス科に属する海水魚の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鱚の関連キーワード城東漁夫痩せぎす動物海魚鱚子

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鱚の関連情報