コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青侍 アオサブライ

6件 の用語解説(青侍の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あお‐さぶらい〔あをさぶらひ〕【青侍】

身分の低い若侍。あおざむらい。
「一重に薄き―通りかかるを走り寄り」〈浄・彦山権現
《青色の袍(ほう)を着たところから》公家に仕える六位の侍。あおざむらい。〈日葡

せい‐し【青侍】

《「あおさぶらい」の音読》公家に仕える六位の侍。
「源中納言雅頼卿のもとに候ひける―が」〈平家・五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

青侍【あおざむらい】

あおさぶらいとも。平安時代,公卿(くぎょう)に仕えた六位の侍。呼称の由来は六位の位袍(いほう)が縹(はなだ)色(薄藍色)であるためとする説が有力で,また未熟の意からくるともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あおざむらい【青侍】

公家の家政機関に勤仕する侍の称。17世紀初頭に完成した《日葡辞書》にも,ほぼ同じ意味の解説がある。11世紀後半以降,貴族層の家柄の再編成が進行する中で〈侍〉階層が成立してくる。彼らは,公卿の家に侍として仕え,まれには五位以上に昇ることもあるが,基本的には六位層にとどまり,四位,五位への昇進を常のこととする〈諸大夫〉層より低く位置付けられていた。彼らのような六位層の者は,平安末期ごろから縹(はなだ)(うすい藍)色の位袍(いほう)を着用したが,このことから,彼らを青侍とよぶようになったとする説が有力である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あおさぶらい【青侍】

〔「あおざむらい」とも〕
公卿の家に仕える六位の侍。青色の袍ほうを着た。
身分の低い若侍。 「七大寺詣でする京家の-なんどの/太平記 2

あおざむらい【青侍】

あおさぶらい(青侍) 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青侍の関連キーワード官治行政侍所家政恪勤官治勤仕仕える地方行政機関指定地方行政機関下毛野氏

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone