コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青侍 アオサブライ

デジタル大辞泉の解説

あお‐さぶらい〔あをさぶらひ〕【青侍】

身分の低い若侍。あおざむらい。
「一重に薄き―通りかかるを走り寄り」〈浄・彦山権現
《青色の袍(ほう)を着たところから》公家に仕える六位の侍。あおざむらい。〈日葡

せい‐し【青侍】

《「あおさぶらい」の音読》公家に仕える六位の侍。
「源中納言雅頼卿のもとに候ひける―が」〈平家・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

青侍【あおざむらい】

あおさぶらいとも。平安時代公卿(くぎょう)に仕えた六位の侍。呼称の由来は六位の位袍(いほう)が(はなだ)色(薄藍色)であるためとする説が有力で,また未熟の意からくるともいう。総じて年若く身分の低い侍を呼んだらしい。なお侍の妻,さらに年若く身分の卑しい女房を青女房(あおにょうぼう)という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あおざむらい【青侍】

公家の家政機関に勤仕する侍の称。17世紀初頭に完成した《日葡辞書》にも,ほぼ同じ意味の解説がある。11世紀後半以降,貴族層の家柄の再編成が進行する中で〈侍〉階層が成立してくる。彼らは,公卿の家に侍として仕え,まれには五位以上に昇ることもあるが,基本的には六位層にとどまり,四位,五位への昇進を常のこととする〈諸大夫〉層より低く位置付けられていた。彼らのような六位層の者は,平安末期ごろから縹(はなだ)(うすい藍)色の位袍(いほう)を着用したが,このことから,彼らを青侍とよぶようになったとする説が有力である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あおさぶらい【青侍】

〔「あおざむらい」とも〕
公卿の家に仕える六位の侍。青色の袍ほうを着た。
身分の低い若侍。 「七大寺詣でする京家の-なんどの/太平記 2

あおざむらい【青侍】

あおさぶらい(青侍)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

青侍の関連キーワード下河辺長流壺井義知大石久敬藤原成頼源雅頼源邦正恪勤生侍文覚祐尊若侍京家

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android