コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶯菜 ウグイスナ

デジタル大辞泉の解説

うぐいす‐な〔うぐひす‐〕【×鶯菜】

コマツナアブラナなどの、まだ若くて小さい菜。 春》「摘みそへよ膳のむかひの―/白雄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

鶯菜

京都府京都市で生産されるカブ。江戸時代中期に「天王寺かぶ」から選抜・育成された品種。葉は「壬生菜」のようなスプーン型で、根は白く偏円形。早春ウグイスが鳴く時期に収穫されることからこう呼ばれる。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鶯菜 (ウグイスナ)

植物。油菜の品種。コマツナの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の鶯菜の言及

【カブ(蕪∥蕪菁)】より

…江戸時代になると,青菜はそうした葉菜の総称となり,カブの地上部はカブの菜の意で,〈かぶらな〉〈かぶな〉と呼ばれるようになる。《本朝食鑑》(1697)は,春になって大きくのびた茎を茎立,種から発芽したばかりの二葉のものを貝割(かいわり)菜,10cm近くになったのを鶯(うぐいす)菜というとしている。日本での栽培がいつごろ始まったかは不明だが,693年(持統7)3月には栽培を奨励する持統天皇の詔が出されており,より古く《古事記》の歌謡にも栽培されていた様子が歌われている。…

【コマツナ(小松菜)】より

…アブラナ科の一年草で,アブラナ(ナタネ)の変種。漬菜類の一種でカブと近縁であるが,カブのようには根部が肥大しない。フユナ(冬菜),ウグイスナ,カサイナ(葛西菜)などともよばれる。小松菜の名称は東京の小松川で発達した菜であることに由来する。在来カブのククタチからでてきたものと思われる。関西ではほとんど栽培されず,関東での栽培が多い。葉数はあまり多くなく,株もそれほど大きくはならない。葉はへら形,丸形およびその中間形に分かれる。…

※「鶯菜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鶯菜の関連キーワード京都府京都市

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶯菜の関連情報