コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴亭 かくてい

美術人名辞典の解説

鶴亭

江戸中・後期の長崎黄檗宗聖福寺の僧。名は浄光、字は海眼・恵達、号に如是・五字庵・白羊山人等。画を熊斐に学び、沈南頻の画風を能くする。特に花卉・墨蘭竹等に秀でる。天明5年(1785)寂、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴亭

没年:天明5.12.24(1786.1.23)
生年:享保7(1722)
江戸中期の南蘋派画僧。名は浄博,のち浄光。字は恵達,のち海眼。鶴亭,如是,五字庵,南窓翁などと号した。長崎の黄檗宗聖福寺の僧。熊斐から沈南蘋画法を学び,かたわら黄檗絵画の影響も受けて独自の画体を創始。柔軟な線描と平面的に施された鮮明な着色を特色とする。20歳代半ば,故あって還俗し大坂へ移住。画家として生活し始めたが,黄檗僧としての戒範は守っていたという。京坂の黄檗僧,南画家たちと交流。画の弟子に葛蛇玉がいる。安永6(1777)年,宇治の万福寺紫雲院の住持となり,数年後退き,諸国遍歴ののち,江戸で没した。作品に「牡丹綬帯鳥図」(神戸市立博物館蔵)など。

(武田光一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴亭
かくてい

[生]?
[没]天明5(1785).江戸
江戸時代中期の長崎派画家。法諱は浄博,のち浄光,字は恵達 (えたつ) ,のち海眼。如是,五字庵などの別号もある。長崎の聖福寺4代目岳宗の法嗣。初め同寺の僧,のち宇治の黄檗山紫雲院に住した。幼時より絵を好み,熊斐 (ゆうひ) に師事。花鳥画,蘭,竹の水墨画を得意とする。大坂へ出て京坂地方に沈南蘋 (しんなんぴん) の画風を広め,さらに江戸へ行き,下谷池の端で没した。主要作品『牡丹小禽図』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の鶴亭の言及

【黄檗美術】より

…隠元より早く来日し,隠元を日本に招くのに貢献した逸然は観音像を手がけ,万福寺15代住持の大鵬正鯤(たいほうせいこん)(1691‐1774)の墨竹はなかでもすぐれている。長崎出身の僧鶴亭(?‐1785)はこうした墨戯を上方画壇にひろめる役割を果たした。黄檗像の墨戯に見る自由な画境は,かれらが中国からもたらした元明画や画論書などと相まって,南画の発生と展開に少なからず貢献した。…

【長崎派】より

…(3)南蘋(なんぴん)派は,1731年(享保16)に渡来した沈銓(しんせん)(南蘋)にはじまる。精緻な花鳥画の画風は南蘋に直接師事した熊代熊斐(ゆうひ)(1693‐1772)の門下の鶴亭(?‐1785),宋紫石(1716‐80)により近畿や関東に伝わり,江戸後期の画壇に写実主義の風潮がひろまる契機となった。(4)南宗画(文人画)派も伊孚九(いふきゆう),費漢源,江稼圃(こうかほ)らの来日中国画人に負うところが多い。…

※「鶴亭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鶴亭の関連キーワード長谷川鶴洲木村蒹葭堂浅秀庵長住熊代熊斐海眼浄光山村蘇門野呂介石松良嘯亭没年徐州

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶴亭の関連情報