コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢友次郎(5代) つるざわ ともじろう

2件 の用語解説(鶴沢友次郎(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴沢友次郎(5代) つるざわ-ともじろう

1814-1895 江戸後期-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
文化11年1月14日生まれ。はじめ3代野沢喜八郎の門人,のち4代鶴沢友次郎の門にはいって,慶応2年5代友次郎を襲名。一時,5代野沢喜八郎を襲名したが,友次郎にもどる。明治28年8月4日死去。82歳。京都出身。本名は清水源兵衛。初名は野沢小庄。前名は鶴沢伝吉(3代)。通称は建仁寺町。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴沢友次郎(5代)

没年:明治28.8.4(1895)
生年:文化11.1.14(1814.3.5)
幕末明治期の義太夫三味線の巨匠。本名清水源兵衛。京都の生まれ。8歳のとき4代目野沢喜八郎について小庄となる。5年後に大坂へ下り,2代目鶴沢伝吉(のちの4代目友次郎)の門に入って庄次郎,さらに3代目伝吉と改名。慶応2(1866)年鶴沢の宗家名である友次郎を相続した。明治13(1880)年には一時野沢の宗家名である喜八郎(5代目)をも名乗り,衰微の極にあった野沢一門を繁栄へと導く。鶴沢家特有の数多い秘曲が,その死とともに消滅したのが惜しまれる。<参考文献>松岸園主人「鶴沢友次郎略系譜」(『浄瑠璃雑誌』296号)

(倉田喜弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴沢友次郎(5代)の関連キーワード義太夫節娘義太夫義太夫三味線竹本越路太夫(初代)竹本小清鶴沢才治鶴沢清七(5代)鶴沢友次郎(初代)豊沢小住豊沢仙平

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone