コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷲羽山遺跡 わしゅうざんいせき

世界大百科事典 第2版の解説

わしゅうざんいせき【鷲羽山遺跡】

岡山県倉敷市大畠,鷲羽山久須美鼻にある西日本で最初に注目された旧石器時代遺跡。瀬戸内海国立公園の観光地として著名な鷲羽山は,南に向かって海に長く突出する岬をなしており,浸食がいちじるしく花コウ岩が全面にわたって露出している。旧石器時代の石器は,これら花コウ岩の風化土層中に発見された。1951年ころより資料の検討が行われ,54年に本格的な発掘が行われた。第1層は二次的に堆積した約30cmの表土層であり,この中に細石刃核,細石刃,ナイフ形石器,小型ナイフ形石器,尖頭器,彫器などの石器が混在している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷲羽山遺跡
わしゅうざんいせき

岡山県倉敷市大畠(おばたけ)鷲羽山久須見鼻(くすみのはな)にある旧石器時代の遺跡。西日本で最初に注目された、旧石器時代研究の基準的な遺跡とされている。1951年(昭和26)ごろより検討が行われ、54年発掘された。石器類には、縦長剥片(たてながはくへん)(鷲羽山)、石槍(いしやり)(鷲羽山)、ナイフ形石器(国府(こう)型、宮田山型)、小型ナイフ形石器(井島)、細石刃(さいせきじん)・細石刃核(井島)などがある。[鎌木義昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鷲羽山遺跡の関連キーワード岡山県倉敷市大畠