コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷲羽山遺跡 わしゅうざんいせき

2件 の用語解説(鷲羽山遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わしゅうざんいせき【鷲羽山遺跡】

岡山県倉敷市大畠,鷲羽山久須美鼻にある西日本で最初に注目された旧石器時代遺跡。瀬戸内海国立公園の観光地として著名な鷲羽山は,南に向かって海に長く突出する岬をなしており,浸食がいちじるしく花コウ岩が全面にわたって露出している。旧石器時代の石器は,これら花コウ岩の風化土層中に発見された。1951年ころより資料の検討が行われ,54年に本格的な発掘が行われた。第1層は二次的に堆積した約30cmの表土層であり,この中に細石刃核,細石刃,ナイフ形石器,小型ナイフ形石器,尖頭器,彫器などの石器が混在している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷲羽山遺跡
わしゅうざんいせき

岡山県倉敷市大畠(おばたけ)鷲羽山久須見鼻(くすみのはな)にある旧石器時代の遺跡。西日本で最初に注目された、旧石器時代研究の基準的な遺跡とされている。1951年(昭和26)ごろより検討が行われ、54年発掘された。石器類には、縦長剥片(たてながはくへん)(鷲羽山)、石槍(いしやり)(鷲羽山)、ナイフ形石器(国府(こう)型、宮田山型)、小型ナイフ形石器(井島)、細石刃(さいせきじん)・細石刃核(井島)などがある。[鎌木義昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鷲羽山遺跡の関連キーワード鷲羽山川崎医科大学川崎医療福祉大学倉敷芸術科学大学岡山学院大学水島ガァーコ鷲羽山ハイランドきび倉敷秀峯連山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone