鷲見三郎(読み)すみ さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷲見三郎 すみ-さぶろう

1902-1984 大正-昭和時代のバイオリニスト。
明治35年7月27日生まれ。多(おおの)久寅,ヨゼフ=ケーニッヒ,シフェルブラットに師事。新交響楽団に在籍。自由学園,国立(くにたち)音大,桐朋学園「子供のための音楽教室」,桐朋学園大などで後進を指導し,海野義雄,黒沼ユリ子らをそだてた。昭和59年11月26日死去。82歳。鳥取県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鷲見三郎の関連情報