コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿部温泉 しかべおんせん

2件 の用語解説(鹿部温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿部温泉
しかべおんせん

北海道南部,鹿部町に湧く温泉。太平洋に面し,内浦湾かなた羊蹄山をのぞむ景勝地でもある。泉質は食塩泉。泉温は 60~100℃。胃腸病や神経痛などによい。寛永5 (1628) 年の発見という歴史の古い温泉で,共同浴場も4ヵ所あり,豊富な湯量を生かしてウナギの養殖などにも温泉が利用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿部温泉
しかべおんせん

北海道南西部、鹿部町にある温泉。内浦湾岸に湧出(ゆうしゅつ)する。鹿の湯、吉の湯、鶴(つる)の湯などがあり、鶴の湯はほぼ10分おきに約100℃の熱湯を15メートルほど噴出する間欠泉。現在は「しかべ間歇泉公園」として整備されている。泉質は塩化物泉、硫酸塩泉。豊富な湯はウナギの養殖やリハビリテーションにも利用される。JR函館本線鹿部駅下車。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone