コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿部町 しかべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿部〔町〕
しかべ

北海道南西部にある町。 1983年町制。渡島半島の支脈亀田半島の東岸,太平洋にのぞむ位置にあり,北西部の山岳地帯は大沼国定公園に属する景勝地。駒ヶ岳の噴火によって,たびたび大きな被害を受けている。開拓は古く,安永3 (1774) 年箱館からの道路が開通。沿岸漁業コンブホタテガイの養殖が行われる。寛永5 (1628) 年発見の鹿部温泉があり,食塩泉で,湯量が豊富。北海道栽培漁業総合センターがある。 JR函館本線 (砂原回り) ,国道 278号線が海岸沿いに通っている。面積 110.64km2。人口 4226(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鹿部町の関連キーワード朝鮮映画ANRIダイハツCLエンジンニブンスーダン内戦スペイン映画PAPI三宅島立正佼成会

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿部町の関連情報