黄花空木(読み)キバナウツギ

  • 黄花▽空木
  • 黄花空木 (キバナウツギ)

デジタル大辞泉の解説

スイカズラ科の落葉低木。日本特産で、東北・関東地方の山地に自生。葉は長楕円形で、対生する。初夏、ウコンウツギに似た黄色の花が咲くが、花柄はない。実は秋に熟し、二つに裂けて翼のある種子を出す。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 スイカズラ科の落葉低木。本州北中部の山地に生え、庭木ともされる。高さ一~二メートル。枝はよく分枝し、葉は長さ四~一〇センチメートルの卵状長楕円形で、縁に鋸歯(きょし)があり対生する。五~六月ごろ、枝の上部の葉腋(ようえき)に、淡黄色で長さ約四センチメートル、花冠の上部の五裂した漏斗形の花を、二、三個ずつつける。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android