黄連解毒湯(読み)おうれんげどくとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

おうれんげどくとう【黄連解毒湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)黄芩(おうごん)山梔子(さんしし)黄柏(おうばく)黄連などを含む。唐(とう)代の医学書『外台秘要方(げだいひようほう)』などに処方が示されている。不眠症胃炎鼻出血血の道(みち)症高血圧神経症めまい動悸(どうき)などに用い、のぼせ、いらいらなどの症状をともなっているとき、とくに有効とされる。比較的体力のある人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android