コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄連解毒湯 おうれんげどくとう

1件 の用語解説(黄連解毒湯の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

おうれんげどくとう【黄連解毒湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)黄芩(おうごん)山梔子(さんしし)黄柏(おうばく)黄連などを含む。唐(とう)代の医学書『外台秘要方(げだいひようほう)』などに処方が示されている。不眠症胃炎鼻出血血の道(みち)症高血圧神経症めまい動悸(どうき)などに用い、のぼせ、いらいらなどの症状をともなっているとき、とくに有効とされる。比較的体力のある人がおもな対象。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄連解毒湯の関連キーワード漢方薬生薬和漢薬漢薬薬酒草薬方薬和薬上薬処方薬

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄連解毒湯の関連情報