コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山梔子 さんしし

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

さんしし【山梔子】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。アカネ科クチナシの完熟果実を乾燥させたもの。消炎止血解熱精神安定などの作用がある。不眠症胃炎神経症に効く黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、慢性胃腸病、神経症に効く柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)黄疸(おうだん)じんましんに効く梔子柏皮湯(ししはくひとう)などに含まれる。黄柏(おうばく)梔子の粉末を練って、打ち身で内出血した患部に貼(は)っても効果がある。また、昔は黄色染料としても用いた。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山梔子
さんしし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山梔子 (クチナシ・サンシシ)

学名:Gardenia jasminoides f.grandi‐flora
植物。アカネ科の常緑低木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の山梔子の言及

【クチナシ(梔子)】より

…ガの1種オオスカシバが好んでつき,食害される。【福岡 誠行】
[薬用]
 クチナシやコクチナシなどの果実を漢方で山梔子(さんしし)とよぶ。イリドイド配糖体ガルデノサイドgardenoside,カロチノイド配糖体クロシンcrocin(カロチノイドはクロセチンcrocetin)を含む。…

※「山梔子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山梔子の関連キーワード岩谷 山梔子梔子・山梔子辛夷清肺湯清上防風湯加味帰脾湯荊芥連翹湯加味逍遙散竜胆瀉肝湯茵蔯蒿湯乙字句集梔子色清肺湯温清飲五淋散

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android