コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄連雀 キレンジャク

デジタル大辞泉の解説

き‐れんじゃく【黄連×雀】

レンジャク科の鳥。全長約20センチ。全身ぶどう色で、尾端と翼の先が黄色。冠羽がある。北半球の北部で繁殖し冬は南部へ渡る。日本では冬鳥として渡来、群れでヤドリギなどの実を食べる。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きれんじゃく【黄連雀】

スズメ目レンジャク科の鳥。全長約20センチメートル。地色は灰褐色を帯びた葡萄ぶどう色で、翼と尾は黒く、尾の先は鮮黄色。冠羽がある。北半球北部で繁殖し、日本には冬鳥として渡来する。 [季] 秋。 → 連雀

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄連雀 (キレンジャク)

学名:Bombycilla garrulus
動物。レンジャク科の渡り鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

黄連雀の関連キーワード連雀

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android