コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古文辞類纂 こぶんじるいさんGu-wen-ci lei-zuan

3件 の用語解説(古文辞類纂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古文辞類纂
こぶんじるいさん
Gu-wen-ci lei-zuan

中国,古典散文の選集。清の姚 鼐 (ようだい) の編。 74巻。乾隆 44 (1779) 年成立。先秦から姚 鼐とほとんど同時代の方苞 (ほうほう) ,劉大かい (りゅうだいかい) にいたる古典散文から厳選し,論弁,序跋,奏議,書説,贈序,詔令,伝状,碑誌,雑記,箴銘,頌讃,辞賦,哀祭の 13に分類,それぞれの文体について源流などの考察を付して編集したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こぶんじるいさん【古文辞類纂 Gǔ wén cí lèi zuǎn】

中国の古典散文の選集。清の姚鼐(ようだい)の編集。1779年(乾隆44)に完成した。方苞(ほうほう)・劉大櫆(りゆうだいかい)の桐城派古文を継承する彼が,先秦から清にいたる古典散文から選び,それを論弁・序跋・奏議・書説・贈序・詔令・伝状・碑誌・雑記・箴銘(しんめい)・頌賛・辞賦・哀祭の13類に分類している。その重点は唐・宋にあるが,明・清の古文も無視していない。桐城派が清の代表的文学流派になったために,以降この分類が古典散文の分類の標準となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古文辞類纂
こぶんじるいさん

中国、清(しん)代に編纂(へんさん)された古典文の選集。ただし韻文を含む広義の文を扱う。74巻。姚(ようだい)編。1779年(乾隆44)完成。桐城(とうじょう)派古文の指導者たる彼が古文の典型を示すべく先秦(しん)から清に至る古典散文を中心に選び、これを13類に分類したもの。論弁、序跋(ばつ)、奏議、書説、贈序、詔令(しょうれい)、伝状、碑誌、雑記、箴銘(しんめい)、頌賛(しょうさん)、辞賦(じふ)、哀祭の13にその用途によって分け、以降この分類が古典文の分類の標準となった。1882年には王先謙編の『続古文辞類纂』が、1889年には黎庶昌(れいしょしょう)編の続選が出ている。[佐藤一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone