コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒保根[村] くろほね

世界大百科事典 第2版の解説

くろほね【黒保根[村]】

群馬県東部,勢多郡の村。人口2860(1995)。赤城山の東斜面を占め,南東端を渡良瀬川が流れる。わたらせ渓谷鉄道線が通じる。村域の大半は山林で,林業のほか,古くから養蚕が行われていた。農業の中心は養豚など畜産で,キノコの生産もさかん。桐生の商圏に属し,桐生,大間々への通勤者も多いが,人口減少が続いている。過疎地域に指定されている。【千葉 立也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒保根[村]の関連キーワードビジャリカ山ドナウウーハン(武漢)特別市九州地方水田双六岳筑後川中部山岳国立公園洞庭湖ドナウ川

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android