コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒保根 くろほね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒保根
くろほね

群馬県東部,桐生市の飛び地の旧村域。赤城山南東斜面から渡良瀬川中流域を占める。 1889年村制。 2005年桐生市に編入山林が広く,畑作養蚕畜産が行なわれる。南西部に梨木温泉がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒保根
くろほね

群馬県中東部、勢多(せた)郡にあった旧村名(黒保根村(むら))。現在は旧新里(にいさと)村地区とともに桐生(きりゅう)市の西側、みどり市を挟んだ飛び地の北部を占める一地区。旧黒保根村は2005年(平成17)桐生市に編入。赤城(あかぎ)山の東斜面を占める山村で、斜面の末端部を渡良瀬(わたらせ)川が南流する。江戸時代に足尾(あしお)銅山の銅を運んだ銅(あかがね)街道(国道122号)も、わたらせ渓谷鉄道もこの川筋の右岸にあり、旧村域の中心は水沼(みずぬま)。水沼駅には、駅と温泉が一体となった水沼駅温泉センターがある。農業は、畜産を中心に、米、野菜栽培が行われているが、近年では花卉(かき)や果樹栽培も増加している。特産物としてマイタケがある。西部に閑静な梨木(なしぎ)温泉がある。[村木定雄]
『『黒保根村誌』全9巻(1986~1998・黒保根村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

黒保根の関連キーワード群馬県桐生市黒保根町水沼桐生(市)(きりゅう)黒保根歴史民俗資料館くろほね・やまびこ新里(群馬県)星野 長太郎群馬県桐生市星野長太郎群馬(県)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒保根の関連情報