黒保根(読み)くろほね

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒保根
くろほね

群馬県中東部、勢多郡(せたぐん)にあった旧村名(黒保根村(むら))。現在は旧新里(にいさと)村地区とともに桐生市(きりゅうし)の西側、みどり市を挟んだ飛び地の北部を占める一地区。旧黒保根村は2005年(平成17)桐生市に編入。赤城(あかぎ)山の東斜面を占める山村で、斜面の末端部を渡良瀬(わたらせ)川が南流する。江戸時代に足尾(あしお)銅山の銅を運んだ銅(あかがね)街道(国道122号)も、わたらせ渓谷鉄道もこの川筋の右岸にあり、旧村域の中心は水沼(みずぬま)。水沼駅には、駅と温泉が一体となった水沼駅温泉センターがある。農業は、畜産を中心に、米、野菜栽培が行われているが、近年では花卉(かき)や果樹栽培も増加している。特産物としてマイタケがある。西部に閑静な梨木温泉(なしぎおんせん)がある。[村木定雄]
『『黒保根村誌』全9巻(1986~1998・黒保根村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒保根の関連情報