コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒梅擬 クロウメモドキ

デジタル大辞泉の解説

くろ‐うめもどき【黒梅擬】

クロウメモドキ科の落葉低木。山地自生。枝の先はとげになり、葉は卵形で先がとがる。雌雄異株で、夏、淡黄色の小花が集まってつく。果実は黒く熟し、緩下薬に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろうめもどき【黒梅擬】

クロウメモドキ科の落葉低木。山野に自生。枝にとげがあり、葉は卵形または楕円形。夏、葉腋に黄緑色の小花を束生し、黒熟する球形の果実を結ぶ。果実を緩下薬とする。鼠李。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黒梅擬 (クロウメモドキ)

学名:Rhamnus japonica
植物。クロウメモドキ科の落葉低木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

黒梅擬の関連キーワード黄緑色楕円形葉腋山野

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android