黒梅擬(読み)クロウメモドキ

精選版 日本国語大辞典の解説

くろ‐うめもどき【黒梅擬】

〘名〙 クロウメモドキ科の落葉低木。各地の山野に生える。幹は高さ一・五~六メートルになり、短枝の先は針状に鋭くとがる。葉は柄をもち対生し、長さ二~一〇センチメートルの倒卵形で、先はとがり縁には細かい鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。四~五月ごろ、葉腋(ようえき)に淡黄緑色の小花が束になってつく。果実は径約七ミリメートルの球形で黒熟し、乾燥させたものを鼠李子(そりし)といい、下剤に用いる。漢名に鼠李を当てるが誤用。とりとまらず。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる