コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒沢琴古(2代) くろさわ きんこ

2件 の用語解説(黒沢琴古(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒沢琴古(2代) くろさわ-きんこ

1747-1811 江戸時代中期-後期の尺八奏者。
延享4年生まれ。初代黒沢琴古の子。父の跡をつぎ,琴古流2代となる。普化(ふけ)宗両本寺の一月(いちげつ)寺,鈴法寺の吹合(ふきあわせ)として尺八の指導にあたる。また江戸市中に教授所を3ヵ所ひらいた。文化8年6月12日死去。65歳。名は幸右衛門,のち幸八。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

黒沢琴古(2代)

没年:文化8.6.12(1811.7.31)
生年:延享4(1747)
江戸中・後期の琴古流尺八奏者。本名幸右衛門,のち幸八と改名。初代琴古の子。尺八に堪能で父のあとを継ぎ,2代目となる。父と同じく普化宗両本寺(一月寺,鈴法寺)の 吹合(尺八指南役)を務め,また京橋柳町など江戸市中にも教授所3カ所を設けて,尺八の一般への普及にも一役を買った。2代目琴古の活躍で,初代が築いた流の基礎はより確実なものとなり,「琴古流」の名称もこのころから用いられ始めたものと思われる。<参考文献>栗原広太『尺八史考』(復刻,1975)

(瀬山徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒沢琴古(2代)の関連キーワード琴古流荒木古童黒沢琴古荒木古童(3代)黒沢琴古(3代)黒沢琴古(4代)久松風陽宮地一閑吉田一調三橋貴風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone