コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田喜夫 くろだ きお

2件 の用語解説(黒田喜夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田喜夫 くろだ-きお

1926-1984 昭和時代後期の詩人,評論家。
大正15年2月28日生まれ。昭和15年上京し,戦時下を少年工員として京浜地帯の工場ではたらく。21年共産党に入党。郷里山形県で農民運動にかかわる。「列島」「現代詩」などに参加,35年詩集「不安と遊撃」でH氏賞をうける。36年党除名。詩集「地中の武器」「不帰郷」,評論集「死にいたる飢餓」などがある。昭和59年7月10日死去。58歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒田喜夫
くろだきお
(1926―1984)

詩人。山形県米沢(よねざわ)市に生まれる。小学校卒業後は徒弟工として働くかたわら、ロシア語を学ぶ。太平洋戦争後、共産党に入党したが、のちに除名通告を受ける。雑誌『列島』『現代詩』などの編集等に参加。第一詩集『不安と遊撃』(1959)で第10回H氏賞を受ける。農村の底辺にある状況を冷静に見つめて、告発し続けた詩人であり思想家でもある。前記詩集は、戦後詩のなかでも屈指の名作といってよい。[原崎 孝]
『黒田喜夫著『詩と反詩――全詩集・全評論集』(1968・勁草書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒田喜夫の関連キーワード黒田三郎天野美津子大平数子勝本冨士雄菅谷規矩雄杉本春生高田敏子辻まこと鳥見迅彦山崎正一(2)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone