コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田宿 くろだのしゅく

百科事典マイペディアの解説

黒田宿【くろだのしゅく】

尾張国葉栗(はぐり)郡にあった中世鎌倉街道の宿駅。現,愛知県一宮市木曾川町のうち。南宿・北宿の地名が残る。《吾妻鏡》によれば,1190年源頼朝は上洛の際当地に宿泊,1252年には将軍宗尊親王が昼当地に着き同夜は萱津(かやづ)(現愛知県あま市)に宿泊したことなどがみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろだのしゅく【黒田宿】

尾張国葉栗(はぐり)郡内(現,愛知県葉栗郡木曾川町)にあった鎌倉街道の宿駅。中世には美濃の墨俣(すのまた)(現,岐阜県安八(あんぱち)郡墨俣町)と尾張の萱津(かやづ)宿(現,愛知県海部(あま)郡甚目寺(じもくじ)町)の中継地として栄え,北宿・南宿があった。市も成立していたらしく〈下市場〉の小字名が残っている。しかし交通の要衝として,南北朝時代には,観応の擾乱や土岐(とき)氏内訌の際などに戦場となり,打撃をうけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報