コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌倉街道 かまくらかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎌倉街道
かまくらかいどう

鎌倉時代,鎌倉と各地を結ぶために開かれた道路の総称。そのうち特に上ノ道,中ノ道,下ノ道の3道が知られている。上ノ道は,化粧坂 (けわいざか) から柄沢,飯田,瀬谷,鶴間,木曾,小野路,関戸,分陪などを経て武蔵府中にいたり,ここからさらに上野,下野,信濃に通じた。元弘3 (1333) 年,上野に挙兵した新田義貞が鎌倉攻めの際に通ったのがこの道である。中ノ道は,山内から大船,永谷,名瀬,二俣川,白根,麻生,是政などを経て府中にいたり,上ノ道に合した。奥州征伐の際の源頼朝の進路といわれる。下ノ道は永谷で中ノ道から分れ,平間,池上,芝などを経て,房総,奥州方面に通じた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かまくら‐かいどう〔‐カイダウ〕【鎌倉街道/鎌倉海道】

鎌倉時代、鎌倉から諸国に通じていた主要道路。上の道(化粧(けわい)坂・瀬田・府中)、中の道(山内・大船・世田谷・府中)、下の道(大船・弘明寺・池上・芝・下総上総)の三道を主とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鎌倉街道【かまくらかいどう】

鎌倉幕府開設以来,各地から鎌倉に向かう中世の古道。鎌倉往還とも。鎌倉を中心として放射状に走り,どの道も地方へ向かう場合は行き先に応じ武蔵(むさし)路・信濃(しなの)街道・上州路,京都と結ぶ〈京鎌倉往還〉などと別称した。
→関連項目板鼻下津萱津黒駒関黒田宿壬生通り

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かまくらかいどう【鎌倉街道】

中世の古道。鎌倉往還とも呼ばれる。おもに尾張・美濃・飛驒・越中以東に分布するが,本来は〈鎌倉に通ずる道〉の意であるから,武蔵などには網の目状に存在している。主要幹線には,碓氷(うすい)峠より上野・武蔵国府を経由する信濃―上野道,東海道筋にあたる京鎌倉往還,甲斐国府より御坂峠三国峠を越える甲斐道筋,さらに2本の奥州道(1本は白河関より下野国府を経由し,もう1本は勿来(なこそ)・大垬(おおぬかり)関から常陸国府を経由する)や,一部海路を経て安房国府および上総・下総国府を結ぶ道などがあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かまくらかいどう【鎌倉街道】

鎌倉に幕府開設以来、各地から鎌倉へ向かう道筋の呼称。古くは鎌倉往還といった。「太平記」「梅松論」にみえる上の道・中の道・下の道の三道が主なもので、ほかに京都から美濃路・東海道筋を経る京鎌倉往還がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌倉街道
かまくらかいどう

鎌倉へ通ずる古道(こどう)の総称で特定の路線ではない。いつごろからこの名称が始まったか明らかでないが、文献としては『新編武蔵風土記稿(むさしふどきこう)』『新編相模国(さがみのくに)風土記稿』などに、「鎌倉古街道」「鎌倉古海道」あるいは「古(いにしえ)の鎌倉街(海)道」などと記されている。鎌倉幕府開設以来、各地から鎌倉へ向かう中世古道をさしているといえよう。そのうち重要な路線として「京・鎌倉往還」がある。これは京都朝廷と鎌倉幕府の所在地を結ぶもので、ときにより多少の相違があるが東海道筋をとっていた。また、歴史上有名なものとして、1333年(元弘3・正慶2)新田義貞(にったよしさだ)の鎌倉攻めのときの進路が、『太平記(たいへいき)』や『梅松論(ばいしょうろん)』に「上ノ道(かみのみち)(武蔵路(むさしじ))」「中(なか)ノ道」「下(しも)ノ道」として記述されている。「上ノ道」は鎌倉の化粧(けわい)坂から藤沢の東の高谷(たかや)(村岡)を経て俣野(またの)に出(い)で、境川沿岸を北上し、小野路(おのじ)、関戸(せきど)にて多摩川を渡り、武蔵府中(ふちゅう)に至る。「中ノ道」は北鎌倉の山ノ内(やまのうち)から戸塚(とつか)付近を経て二俣川(ふたまたがわ)、鶴ヶ峯(つるがみね)、長津田(ながつだ)と北上し、本町田(ほんまちだ)付近で「上ノ道」と合したとみられ、「下ノ道」は山ノ内から弘明寺(ぐみょうじ)、保土ケ谷(ほどがや)を経て鶴見(つるみ)方面に至る道と推定され、それぞれ上野(こうずけ)、下野(しもつけ)、信濃(しなの)、あるいは下総(しもうさ)、上総(かずさ)などに通じていた。[前田元重]
『阿部正道「鎌倉の古道」(『鎌倉国宝館論集』2所収・1958・鎌倉国宝館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鎌倉街道の言及

【尾張国】より

…斯波氏は国衙機構を掌握,応仁の乱前後には,荘公を問わず国内全域の公田を対象とする守護独自の段銭を賦課していた。この時期,守護所は鎌倉街道沿いの下津(おりづ)におかれていた。下津城址と推定される地域から,近年多くの中世陶磁,漆製品,木簡などが発掘されている。…

【中部地方】より

…8世紀後半から成立し増加していった荘園もその多くは畿内の貴族,寺社の占有するところであった。古くから東海道,東山道,甲州道中が通じ,京畿内との交流が盛んであったが,鎌倉時代には東山道の美濃から東海道へと通じる街道,あるいは甲斐を経て信濃や北陸地方を鎌倉につなぐ街道など,いわゆる鎌倉街道が設けられ,東国との交流も活発となった。戦国時代には甲斐の武田信玄,越後の上杉謙信,駿河の今川義元らの群雄が割拠するなか,全国統一の先鞭をつけた織田信長,それにつづく豊臣秀吉,徳川家康は尾張,三河を根拠地として活躍した。…

※「鎌倉街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鎌倉街道の関連キーワード比企丘陵県立自然公園東京都国分寺市西元町富士吉田[市]木更津[市]愛知県豊明市木曾川〈町〉東村山[市]「いざ鎌倉」御坂[町]石和[町]嵐山[町]多摩[市]知立[市]所沢[市]寄居[町]豊明[市]町田[市]鳩山[町]高崎[市]立川[市]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎌倉街道の関連情報