コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒鍵 コッケン

デジタル大辞泉の解説

こっ‐けん〔コク‐〕【黒鍵】

ピアノ・オルガンなど、鍵盤楽器の黒い。⇔白鍵
[補説]作品名別項。→黒鍵

こっけん【黒鍵】[曲名]

《原題、Black keysショパンのピアノ曲集「12の練習曲(作品10)」の第5番の名称。変ト長調。右手で演奏される主旋律の多くが黒鍵によることに由来し、後年になって名付けられた。別邦題「黒鍵のエチュード」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

黒鍵

ポーランド生まれの作曲家フレデリック・ショパンのピアノ曲。『12の練習曲(作品10)』(1829-32)の第5番を指す。名称は主旋律の大部分が黒鍵によって演奏されることに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

こっけん【黒鍵】

ピアノ・オルガンなどの黒い鍵盤。半音の音程を構成する。 ↔ 白鍵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

黒鍵の関連キーワードチューブラー・ベル(チューブ・ベル、ベル)[tubular bells]シュヴェルツベルガー:鍵盤の世界/piano soloフラット[flat]純正調オルガンピアノ(楽器)十二の練習曲グリッサンドキー(音楽)エチュード霧の中で補説半音

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android