梁楷

百科事典マイペディアの解説

梁楷【りょうかい】

中国,南宋の画家。生没年不詳。号は梁風子。嘉泰年間(1201年―1204年)に画院の待詔となった。南宋院体画の精緻(せいち)写実の描法をよくしたが,水墨画白描化した減筆の描法による人物画でも名高い。前者の作品に《雪景山水図》《出山釈迦図》,後者の作品に《祖師截竹図》《李白吟行図》がある。牧谿玉澗とならんで室町期以降の日本水墨画壇に大きく影響した。
→関連項目雲谷等顔海北友松可翁雪舟禅機図黙庵

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうかい【梁楷 Liáng Kǎi】

中国,南宋時代の画院画家。生没年は不詳。東平相,梁義の後裔。寧宗の嘉泰年間(1201‐04)に画院の最高位である待詔となり,金帯を賜ったが,無関心でこれを画院内にかけ放しにしたという。酒を好み,禅僧と交友するなど,画院画家として常軌を逸する行動があり,人は彼を梁風子(風子は狂人の意)と呼んだ。道釈,人物,山水等幅広い題材をこなし,院体風の細密な画風と粗放な水墨画風を併せ行ったが,梁楷の芸術としての積極面は後者の粗放な水墨画で,李公麟を学んだ賈師左の白描系の画風と唐末以来董源,巨然などの逸品画風を融合させた草々たる人物画は,〈減筆体〉と称された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りょうかい【梁楷】

中国、南宋の画家。梁風子と号す。寧宗の嘉泰年間(1201~1204)に画院の待詔となる。精密な描写のほかに、極端に筆数を略す減筆体の人物画を描き、室町期の禅画・水墨画に大きな影響を与えた。代表作「李白行吟図」「出山釈迦図」など。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梁楷
りょうかい
Liang Kai

中国,南宋中期の画院画家。東平 (山東省) の人。嘉泰年間 (1201~04) に画院待詔となり,最高の栄誉である金帯を賜わったが受けず,柱に掛けて帰ったという。酒を好み画院画家としては型破りな性格で梁風子 (狂人) と呼ばれ,それが画風にも反映している。賈師古 (かしこ) を師として白描画法を学び,人物・道釈画を得意としたが,逸格や水墨画風の基本に帰る傾向を示し,簡略な描法の減筆体を完成した。山水画は范寛画風を継ぎ,北宋的で雄大な空間表現を示す。代表作は減筆体の『李白吟行図』 (東京国立博物館) ,緻密な描法の『出山釈迦図』,国宝の『雪景山水図』 (東京国立博物館) など。日本の水墨画に多大な影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梁楷
りょうかい

生没年不詳。中国、南宋(なんそう)の画家。東平(山東省)の人。嘉泰年間(1201~04)に画院の待詔(たいしょう)となった。酒好きで、自ら梁風子(風子は狂人の意)と号し、天子から金帯を賜っても院内に放っておくなど奇行も多かった。わが国には今日、東京国立博物館に『雪景山水図』(国宝)、『出山釈迦図(しゅっさんしゃかず)』『六祖截竹(ろくそさいちく)図』『李白吟行(りはくぎんこう)図』(以上、重文)の4点が伝わっているが、彼の絵は、人物、山水、道釈、鬼神を巧みにし、精妙な画風のものと、草々とした減筆体(げんぴつたい)のものの二つの画風があるとされる。もちろんこの両者が相まって独自な境地を示すのであるが、試みに精妙体の作品を『雪景山水図』や『出山釈迦図』とするならば、減筆体の作品は『六祖截竹図』や『李白吟行図』となる。いずれにせよ梁楷は空気の把握が的確で、『雪景山水図』などは、画面の素地の白さで寒気あふれる湿潤な雪の重みを表現し、同時に風景の深さ遠さを表す。『李白吟行図』は、極度に少ない筆致の水墨による緊張感のみなぎる作品である。この図の特徴は李白の首の線が描かれていないことで、これも空気の存在に対する梁楷の理解を示すものである。室町時代の『君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)』に「上々々、東平相義之後、善画人物山水釈道鬼神」とあり、牧谿(もっけい)、玉澗(ぎょくかん)とともに日本の水墨画に多大な影響を与えた。[近藤秀実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の梁楷の言及

【減筆】より

…おもに禅宗的主題の人物画に用いられる。南宋後半の画院画家,梁楷が〈減筆体〉をはじめたとされ,草々たる略筆による水墨道釈画を残しているが,その起源は唐末・五代にさかのぼる。いわゆる逸格の画家たちの人物画は衣紋を粗筆,面貌を細筆でえがかれているが,この画風が,梁楷まで伝えられ,洗練度を加えたと考えられる。…

※「梁楷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梁楷の関連情報