コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梁楷

7件 の用語解説(梁楷の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

梁楷

南宋中期の画家。山東省東平生。号は梁風子。賈師古に師事し、白画(線描本位の水墨画)を学ぶ。画院待詔となり、人物・山水・道釈・鬼神を能くする。白画に謹細な院体画と自由な水墨画の表現とをゆたかにとり入れて調合し、独自の清新な減筆体を創始した。嘉泰年間(1201~1204)に活躍。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょう‐かい〔リヤウ‐〕【梁楷】

中国、南宋の画家。東平(山東省)の人。号、梁風子。嘉泰年間(1201~1204)画院の待詔となる。精妙な山水画・道釈画のほかに減筆体の人物画にもすぐれ、日本の室町時代の水墨画に大きな影響を与えた。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

梁楷【りょうかい】

中国,南宋の画家。生没年不詳。号は梁風子。嘉泰年間(1201年―1204年)に画院の待詔となった。南宋院体画の精緻(せいち)写実の描法をよくしたが,水墨画白描化した減筆の描法による人物画でも名高い。
→関連項目雲谷等顔海北友松可翁雪舟禅機図黙庵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りょうかい【梁楷 Liáng Kǎi】

中国,南宋時代の画院画家。生没年は不詳。東平相,梁義の後裔。寧宗の嘉泰年間(1201‐04)に画院の最高位である待詔となり,金帯を賜ったが,無関心でこれを画院内にかけ放しにしたという。酒を好み,禅僧と交友するなど,画院画家として常軌を逸する行動があり,人は彼を梁風子(風子は狂人の意)と呼んだ。道釈,人物,山水等幅広い題材をこなし,院体風の細密な画風と粗放な水墨画風を併せ行ったが,梁楷の芸術としての積極面は後者の粗放な水墨画で,李公麟を学んだ賈師左の白描系の画風と唐末以来董源,巨然などの逸品画風を融合させた草々たる人物画は,〈減筆体〉と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りょうかい【梁楷】

中国、南宋の画家。梁風子と号す。寧宗の嘉泰年間(1201~1204)に画院の待詔となる。精密な描写のほかに、極端に筆数を略す減筆体の人物画を描き、室町期の禅画・水墨画に大きな影響を与えた。代表作「李白行吟図」「出山釈迦図」など。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梁楷
りょうかい
Liang Kai

中国,南宋中期の画院画家。東平 (山東省) の人。嘉泰年間 (1201~04) に画院待詔となり,最高の栄誉である金帯を賜わったが受けず,柱に掛けて帰ったという。酒を好み画院画家としては型破りな性格で梁風子 (狂人) と呼ばれ,それが画風にも反映している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梁楷
りょうかい

生没年不詳。中国、南宋(なんそう)の画家。東平(山東省)の人。嘉泰年間(1201~04)に画院の待詔(たいしょう)となった。酒好きで、自ら梁風子(風子は狂人の意)と号し、天子から金帯を賜っても院内に放っておくなど奇行も多かった。わが国には今日、東京国立博物館に『雪景山水図』(国宝)、『出山釈迦図(しゅっさんしゃかず)』『六祖截竹(ろくそさいちく)図』『李白吟行(りはくぎんこう)図』(以上、重文)の4点が伝わっているが、彼の絵は、人物、山水、道釈、鬼神を巧みにし、精妙な画風のものと、草々とした減筆体(げんぴつたい)のものの二つの画風があるとされる。もちろんこの両者が相まって独自な境地を示すのであるが、試みに精妙体の作品を『雪景山水図』や『出山釈迦図』とするならば、減筆体の作品は『六祖截竹図』や『李白吟行図』となる。いずれにせよ梁楷は空気の把握が的確で、『雪景山水図』などは、画面の素地の白さで寒気あふれる湿潤な雪の重みを表現し、同時に風景の深さ遠さを表す。『李白吟行図』は、極度に少ない筆致の水墨による緊張感のみなぎる作品である。この図の特徴は李白の首の線が描かれていないことで、これも空気の存在に対する梁楷の理解を示すものである。室町時代の『君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)』に「上々々、東平相義之後、善画人物山水釈道鬼神」とあり、牧谿(もっけい)、玉澗(ぎょくかん)とともに日本の水墨画に多大な影響を与えた。[近藤秀実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の梁楷の言及

【減筆】より

…おもに禅宗的主題の人物画に用いられる。南宋後半の画院画家,梁楷が〈減筆体〉をはじめたとされ,草々たる略筆による水墨道釈画を残しているが,その起源は唐末・五代にさかのぼる。いわゆる逸格の画家たちの人物画は衣紋を粗筆,面貌を細筆でえがかれているが,この画風が,梁楷まで伝えられ,洗練度を加えたと考えられる。…

※「梁楷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

梁楷の関連キーワード夏珪馬遠辺文進李迪李唐燕文貴李安忠馬和之貨郎図蘇漢臣

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梁楷の関連情報