コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽国定公園 つがるこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津軽国定公園
つがるこくていこうえん

青森県の津軽半島北東の平館海岸から秋田県境近くの大間越海岸にいたる全長約 180kmの海岸自然公園。面積 259.66km2。 1975年指定。海食棚や湖沼,湿原,砂丘などの自然景観にすぐれた海岸部と,岩木山,白神岳,増川岳などの山岳や火山地形,森林を保護するための内陸部とから成る。鰺ヶ沢から岩崎にかけては標式的な海岸段丘が発達し,岩崎のタブ林 (暖帯性) ,椿島のヤブツバキ林が有名。屏風山地域はカシワの低木林におおわれ,砂丘の間は,湿原がみられる。岩木山 (1625m) は,二重式火山で,成層火山型の山容をなし,溶岩円頂丘 (鐘状火山) 型の中央火口丘,数多い爆裂火口,火山性泥流によって山麓につくられた泥流丘が特色。この地域の植物の垂直分布は,中腹までは,ブナ,ミズナラを主とし,その上部には,チシマザサ群落,またはミヤマハンノキダケカンバなどから成る低木林,山頂付近はハイマツ,ミチノクコザクラなどの高山植物群落によって構成されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

津軽国定公園【つがるこくていこうえん】

青森県津軽地方にある国定公園。面積259.66km2。1975年指定。津軽半島北東端の袰月(ほろづき)海岸周辺,日本海側の竜飛崎から小泊岬を経て十三湖に至る地域,西津軽郡の深浦海岸,岩崎海岸および内陸の岩木山などからなる。
→関連項目青森[県]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

つがるこくていこうえん【津軽国定公園】

青森県西部にある国定公園。津軽半島北東端の平舘海岸から秋田県境に至る西海岸のほぼ一帯と、岩木山・白神山地・増川岳などの山岳地帯を含む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕津軽国定公園(つがるこくていこうえん)


青森県西部の国定公園。津軽半島の北・西海岸を中心に十三(じゅうさん)湖・岩木(いわき)山・十二(じゅうに)湖・深浦(ふかうら)海岸などの地域を含む。面積2万5966ha。1975年(昭和50)指定。山岳・海食海岸・砂丘・湖沼群・断崖(だんがい)などの自然景観に優れる。半島内部はヒバ・ブナの原生林、西海岸にはタブノキ・ヤブツバキなど暖地性の植物、砂丘には高層性湿原植物がみられる。津軽富士の別称をもつ岩木山、約30kmに及ぶ直線状の砂丘海岸である七里長浜(しちりながはま)、大断崖の日本キャニオンなど観光名所が多い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津軽国定公園
つがるこくていこうえん

青森県西部にある国定公園。面積259.66平方キロメートル。1975年(昭和50)の指定。津軽半島の西岸、日本海に臨む約180キロメートルに及ぶ海岸線のほか、十二(じゅうに)湖、岩木山を含む。津軽半島先端の袰月(ほろづき)海岸や龍飛(たっぴ)崎から小泊(こどまり)岬にかけての岩石海岸は侵食地形の景観をみせ、南部の約30キロメートルにわたる七里(しちり)長浜の単調な砂浜海岸と、その背後の屏風(びょうぶ)山砂丘へと続く。七里長浜の北部には中世から近世にかけて繁栄した十三湊(じゅうさんみなと)のあった十三湖があり、また砂丘の間には湖沼群が点在し、高層性湿原植物などもみられる。七里長浜以南の大戸瀬(おおどせ)崎から艫作(へなし)崎を経て秋田県境の須郷(すごう)岬までは緑色凝灰岩や集塊溶岩が波浪によって選択侵食された景観がみられる。西津軽郡深浦(ふかうら)町岩崎の海岸から約5キロメートル東に入ると、十二湖の湖沼群や、日本キャニオンとよばれる断崖(だんがい)がある。津軽平野南西部に位置する岩木山は二重式火山で、円錐(えんすい)形をなすところから津軽富士ともよばれる。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

津軽国定公園の関連キーワード芦野池沼群県立自然公園青森県東津軽郡外ヶ浜町青森県西津軽郡深浦町青森県北津軽郡中泊町岩木高原県立自然公園岩崎(青森県)五所川原市今別(町)深浦(町)つがる市海岸段丘出羽山地津軽平野外ヶ浜町白神山地七里長浜久六島原生林中泊町深浦町