コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白神岬 しらかみみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白神岬
しらかみみさき

北海道南西部,松前半島南端にある岬。松前町に属し,津軽海峡をへだてて青森県津軽半島の竜飛 (たっぴ) 崎と相対する。突端灯台霧信号所がある。岩石海岸自然美で知られる松前矢越道立自然公園有数の景勝地。北東吉岡には青函トンネル北海道側の出入口がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しらかみみさき【白神岬】

北海道南西部,渡島(おしま)半島最南端にあり,津軽海峡をへだてて津軽半島竜飛(たつぴ)崎と相対する岬。渡島支庁松前町に属する。津軽海峡の西の入口にあたり,恵山(えさん)岬に至る約90kmが津軽海峡の北岸をなす。竜飛崎との間は約19kmで,海底には青函(せいかん)トンネルが通っている。付近は高さ約100mの海食崖が連なり,灯台と霧信号所がある。松前矢越(やごし)道立自然公園に含まれている。【岡本 次郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕白神岬(しらかみみさき)


北海道の渡島(おしま)半島南端の岬。北海道最南端にあたる。津軽(つがる)海峡を挟み青森県の龍飛(たっぴ)崎とは約19kmの距離。東約4kmの海底をJR津軽海峡線の青函(せいかん)トンネルが通じる。白神岬灯台がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白神岬
しらかみみさき

北海道南西部、渡島(おしま)半島南西部の松前半島南端の岬。松前町に属す。青森県の龍飛(たっぴ)崎と約20キロメートルの距離で相対し、両岬間は津軽海峡の西の入口にあたる。付近の海岸は約50メートルの海食崖(がい)をなし、突端に1888年(明治21)創設の灯台がある。国道228号が海岸を通り、旧国鉄松前線は廃止されたが、白神トンネルを抜けていた。付近は松前矢越(やごし)道立自然公園の一部である。[瀬川秀良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android