コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白神岬 しらかみみさき

5件 の用語解説(白神岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白神岬
しらかみみさき

北海道南西部,松前半島の南端にある岬。松前町に属し,津軽海峡をへだてて青森県津軽半島の竜飛 (たっぴ) 崎と相対する。突端に灯台,霧信号所がある。岩石海岸の自然美で知られる松前矢越道立自然公園有数の景勝地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しらかみ‐みさき【白神岬】

北海道、渡島(おしま)半島南西端の岬。付近に青函トンネルの基点がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しらかみみさき【白神岬】

北海道南西部,渡島(おしま)半島最南端にあり,津軽海峡をへだてて津軽半島竜飛(たつぴ)崎と相対する岬。渡島支庁松前町に属する。津軽海峡の西の入口にあたり,恵山(えさん)岬に至る約90kmが津軽海峡の北岸をなす。竜飛崎との間は約19kmで,海底には青函(せいかん)トンネルが通っている。付近は高さ約100mの海食崖が連なり,灯台と霧信号所がある。松前矢越(やごし)道立自然公園に含まれている。【岡本 次郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕白神岬(しらかみみさき)


北海道の渡島(おしま)半島南端の岬。北海道最南端にあたる。津軽(つがる)海峡を挟み青森県の龍飛(たっぴ)崎とは約19kmの距離。東約4kmの海底をJR津軽海峡線の青函(せいかん)トンネルが通じる。白神岬灯台がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白神岬
しらかみみさき

北海道南西部、渡島(おしま)半島南西部の松前半島南端の岬。松前町に属す。青森県の龍飛(たっぴ)崎と約20キロメートルの距離で相対し、両岬間は津軽海峡の西の入口にあたる。付近の海岸は約50メートルの海食崖(がい)をなし、突端に1888年(明治21)創設の灯台がある。国道228号が海岸を通り、旧国鉄松前線は廃止されたが、白神トンネルを抜けていた。付近は松前矢越(やごし)道立自然公園の一部である。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白神岬の関連キーワード渡島山地檜山横津岳渡島渡島富士松前大島北海道渡島〈総合振興局〉北檜山〈町〉熊石〈町〉瀬棚〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白神岬の関連情報