コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

38度線 さんじゅうはちどせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

38度線
さんじゅうはちどせん

朝鮮半島の中央を横断する北緯 38度線のこと。太平洋戦争終結とともに,この線の北側にソ連軍が,南側にアメリカ軍がそれぞれ進駐し,日本軍の降伏を受理した。 38度線による朝鮮の分割占領は,1945年8月 10日夜から 11日にかけてアメリカ政府で検討され,連合軍司令官一般命令第1号の一部として統合参謀本部を経て大統領の承認を得たものである。この境界線の設定が単なる軍事上の便宜措置であったかどうかについては議論の余地があるが,当初は信託統治実施までの暫定的分割線にすぎなかった。その後,東西冷戦のアジアへの拡大とともに,この線は事実上の国境となり,48年夏には大韓民国朝鮮民主主義人民共和国が,それぞれ南側と北側に樹立された。現在の境界線は 53年7月 27日の朝鮮休戦協定によるものであり,38度線とは若干異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

38度線の関連キーワードパンムンジョム(板門店)リッジウェー マシューケソン(開城)市中国人民義勇軍朝鮮休戦会談三十八度線全谷里遺跡済州島事件望月 カズ非武装地帯結城忠昌日韓関係日朝関係鄭 元植山﨑雄介朝鮮半島甕津半島離散家族朝鮮戦争臨津江

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

38度線の関連情報