コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

3D すりーでぃー

3件 の用語解説(3Dの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

3D

3-dimensionの略。3D機能を備えたグラフィックソフトウェアでは縦、横、奥行きの3次元(立体)の形状データをもっていて、2次元の画面上で自由に角度(アングル)を変えたり遠近感(パースペクティブ)を付けることができる。3次元の形状データを作ることをモデリングといい、形状データから表示画像を計算することをレンダリングという。またレンダリングに際して面に陰影を付けて立体感を表現することをシェーディングという。3D機能をもつソフトウェアは一般にグラフィックソフトウェアだが、表計算ソフトでも3次元グラフを使えるものが多い。System 7.5.2からは、OSレベルQuickDraw 3Dという3D機能が提供されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スリー‐ディー【3D】[three dimensions]

three dimensions》⇒スリーディメンション
《dangerous、dull、dirty の頭文字から》危険、退屈、汚いといった、人の嫌がる仕事を指す語。長時間滞空による情報収集、海底・高放射線環境下での作業、危険物の処理など、人には向かない任務を遂行するための無人航空機ロボットの開発・整備が進められている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

3D【スリーディ】

3DのDはDimension(ディメンション=次元)で〈三次元(立体)〉を意味する。人間の目は左右の間隔があるので左目と右目とで見ているものが少し異なる。左右の目を通した2つの映像を,脳で重ね合わせることによってモノや景観を立体的に見ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

3Dの関連キーワード拡張3Dグラフィックス機能志向ブランド機能的リスク除雄3D映画機能性食品テレポート有機簡易製麹機

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

3Dの関連情報