コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田舎節 イナカブシ

百科事典マイペディアの解説

田舎節【いなかぶし】

陽旋法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いなかぶし【田舎節】

上原六四郎(1848‐1913)が《俗楽旋律考》(1895)の中で命名した日本の音階の名称の一つ(図)。上原は日本の音楽を都会の音楽(義太夫や長唄など近世邦楽)と田舎の音楽(民謡など)に分け,それぞれ異なった音階を持つとした。そして前者の半音を含む音階(陰旋法)を都節(みやこぶし),後者の半音を含まない音階(陽旋法)を田舎節と名づけた。しかしこの上行と下行で形が異なる音階は,その後の民謡研究により,批判されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いなかぶし【田舎節】

地方の民謡に用いられる陽旋法の節。 → 都節みやこぶし
民謡。田舎唄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

田舎節の関連キーワードどんつく5音音階田舎唄座頭