6者協議(読み)ろくしゃきょうぎ

知恵蔵の解説

6者協議

北朝鮮の核問題を解決するために日本、米国、中国、ロシアと韓国、北朝鮮とからなる協議機関。中国が主催国となって2003年8月から開催されている。05年9月には北朝鮮の核放棄のための共同声明が初めて採択された。しかし北朝鮮は06年7月のミサイル実験に続き、10月には核実験を強行した。国連安保理は非難声明を採択したが、12月の6者協議の休会を受け、米国と北朝鮮とは07年1月ベルリンでその再開問題を協議した。これを受けた2月の協議では核問題の段階的解決を目指し、5つの作業部会を発足させる共同文書を採択、解決の手順を示した。9月の北京での6者協議で北朝鮮は年内の核施設の無能力化を目指すという合意文書が出たが、この内容は曖昧で核問題の全面的解決につながるかは疑問視されている。他方では、これを北東アジアの新しい安全保障メカニズムへと展望する考えも出されている。

(下斗米伸夫 法政大学法学部教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

6者協議

北朝鮮の核問題を解決するための多国間協議で、中国を議長国に北朝鮮、韓国、米国、日本、ロシアが参加する。2003年8月に始まり、05年9月には北朝鮮の核放棄を盛り込んだ共同声明を採択したが、北朝鮮は06年10月に初の核実験を実施。一時は寧辺の原子炉の無能力化などが進んだが、核放棄の検証方法などをめぐる米朝間の意見の隔たりが埋まらず、08年12月を最後に開かれていない。

(2012-03-01 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

6者協議の関連情報