コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

90式戦車 きゅうまるしきせんしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

90式戦車
きゅうまるしきせんしゃ

防衛庁が 1977年から 10年あまりの歳月をかけて開発し,90年に採用が決った陸上自衛隊主力戦車。ハイテク技術を駆使,日本の戦車で初めて滑腔砲複合装甲を取入れ,自動装填装置も導入している。反面,重量が 74式戦車の 38tから 50tに増加しており,移動に制約を受ける面もある。主要目は,乗員3,全備重量 50t,全長 9.8m,最高時速 70km,行動距離 340km,武装 120mm滑腔砲1,12.7mm重機関銃1,7.62mm機関銃1。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

90式戦車

冷戦期の1977年に開発に着手され、61式、74式に次ぐ3代目の国産戦車として90年に導入が決まった陸自の主力戦車。旧ソ連の着上陸侵攻に備えて北海道だけに本格配備した。建造費は1両あたり約10億円。重量約50トン、最高速度は70キロ。3人乗り。

(2011-11-10 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

90式戦車の関連キーワード防衛技術研究開発戦車[現代]防衛庁

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

90式戦車の関連情報