コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滑腔砲 かっこうほうsmooth bore gun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滑腔砲
かっこうほう
smooth bore gun

施条されていない(ライフルのない)砲。現代の戦車砲の主流をなす。従来の戦車砲は弾道安定のため砲の内側にライフルを刻んで砲弾に回転を与えていた。しかしこの回転が砲弾発射時の抵抗を生み,また徹甲弾(→装甲貫徹弾)や成形炸薬弾の威力をそこなうため,ライフルをなくして砲弾が回転しないようにしたのが滑腔砲である。弾道の安定のため砲弾に安定翼をつけている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かっこう‐ほう〔クワツカウハウ〕【滑×腔砲】

砲身の内面に、砲弾を回転させる溝が刻まれていない砲。→施条砲

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かっこうほう【滑腔砲 smooth bore】

砲身の施線部に相当する部分が滑らかな火砲。火砲が出現してから19世紀までは砲身内面は滑らかで,球状弾丸を発射する構造であった。19世紀になり砲身内面に腔線を刻み,シイの実状の弾丸を回転運動させて弾道を安定させ,射距離および精度を向上させる技術が開発されて以来,大半の火砲は施線砲身になった。近年,主力戦車の搭載主火砲に滑腔砲を使用するものが出現し今後多用される趨勢(すうせい)にある。滑腔砲の構造は,滑腔砲身を除き,現用の火砲と同じである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

滑腔砲の関連キーワードMAMXルクレール戦車AMXレオパルト戦車メルカバ戦車TTT90式戦車大砲

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android