BNCT(ホウ素中性子補足療法 )

PET検査用語集の解説

BNCT(ホウ素中性子補足療法 )

がんの治療法の一つ。PETの原理を利用してがん細胞だけに特殊な薬剤(アミノ酸)をとりこませ、その部分に熱中性子という放射線を照射します。がん細胞 だけに取り込まれた薬剤にはホウ素が含まれていて、これが熱中性子とぶつかると核反応を起こし殺傷能力を持ったα線が放出されます。このα線が飛ぶ距離は 数ミクロンという短い距離で、これががん細胞だけを選択的に破壊すると言われています。外科手術の難しいがんに有効とされる治療法ですが、まだ新しく一部 の病院で限られた場合にのみ実施されています。

出典 PET検査ネットPET検査用語集について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android